JMC
医療モデル受託

サービスの特徴

JMCの提供する医療モデル作製サービスでは、3Dプリンターなどのデジタル技術を使用し、自由度の高いモデル製作を実現しています。3Dプリンターで製作した樹脂モデルと真空注型技術を組み合せることにより、透明・軟質等の材料に形状を転写するなど、お客さまの求める形状、質感、機能を徹底して追求するサービスを提供しています。
心臓モデル3Dプリント

全てのモデルがオーダーメイド対応

JMCでは、全てのモデルをオーダーメイドで製作しています。お客さまがお持ちの3Dデータを直接造形することは勿論、データのカスタマイズや、CT・MRIからのデータ作成にも対応致します。また原形となるデータが何もない状態であっても、スケッチなどを元に、イメージを実現するためのご提案をさせて頂きます。
オーダーメイド事例一覧はこちら→

短納期の硬質モデル

JMCでは、3Dプリンターから直接出力を行う硬質モデルについて、年中無休で対応可能な稼働体制を整えており、術前シミュレーションや医療機器の試作など、常にスピードを求められる分野において、お客さまの元へ早くお届け出来るよう取り組んでいます。出力方式は、光造形、ナイロン造形(SLS)、石膏造形など複数を揃えており、用途に応じて最適な方式をお選びいただけます。

軟質臓器モデル

JMCの医療用実体モデルは、軟質モデルが製作可能なことが強みです。一般的な軟質のモデルでは、臓器内部を簡略化するなど、一部の形状が再現できないケースが多く見られますが、JMCでは独自のノウハウと、手間を惜しまない製造工法によって、臓器のもつ複雑な形状を正確に再現したり、製作する部位に応じて硬度を調整するなど、品質を追求したサービスを実現しています。

トレーニングキット開発

JMCでは3Dプリンターによる人体モデルと組み合わせた、医療トレーニングキットの製作も行っています。キット製作ではお客さまの抱えている問題をヒアリングし、求められる装置の実現をサポート致します。またトレーニングや実験時にただの模型では物足りない、“動き”が欲しいお客さまに向けて、機械装置を搭載させたモデルを製作することも可能です。心臓の拍動や、呼吸による腹部の膨らみなど、様々な実績を有していますので、動作キットの製作についても是非お問合せください。
copyright © 2016 JMC CORPORATION. All Rights Reserved.