JMC
医療モデル受託

JMCの技術

■材料対応力

JMCでは、製作するモデルの用途に応じて、多くの材料の中から最適なものを選択してご提案致します。軟質モデルの分野では、材料を調合することで色みや透明性、硬度などを調整可能です。
軟質人体模型

エポキシ樹脂(光造形)

複雑な形状を短時間で一体成型することが出来ます。液体樹脂を一層ずつレーザーで硬化させていくため、刃物による加工で生じる「角R(円柱形工具の半径)」が発生しません。 このため、臓器の微細な形状を再現することが可能です。
頭蓋骨模型

シリコーン

国内外の様々なメーカーの素材を用いることができます。高透明、低硬度の特性に加えて、シリコーンシンナーを使うことで硬度調整にも対応が可能です。
※シリコーンによっては50wt%(重量パーセント)以上のシンナーの添加も可能ですが、物性が著しく低下するため硬化不良やシンナー成分が表面ににじみ出る場合があります。
軟質心臓モデル

ポリビニルアルコール(PVA)

ハイドロゲルと呼ばれる素材自体が水分を含むため、ぬれ性、すべり性が良く、感触が非常に人体の臓器と近い素材です。
PVA臓器モデル

ウレタン

人間の肌の触感に近い低硬度のものから、高硬度のものまで再現できます。
ウレタン注型

超音波対応素材

超音波画像診断装置に写る素材が使用可能です。
エコーファントム

切削素材

アクリル・ABS・ポリカーボネート・ポリプロピレン等の材料が使用可能です。
切削加工
copyright © 2016 JMC CORPORATION. All Rights Reserved.